お出かけ

染の町・新宿区中井で開催されている「染の小道」に行ってきました

 

東京・新宿区の中井で開催されている「染の小道」に行ってきました。

 

「染の小道」は、毎年、2月の最終週に行われている催し。

場所は西武新宿線と地下鉄大江戸線の「中井駅」があるところです。

 

新宿区中井は、かつては染物業が盛んな場所で、たくさんの染物屋さんが商売をされていたのだとか。

今はすっかり衰退してしまったものの、当時の様子を現在にも引き継いでいこうということで、10年前から始められたそうです。

この催しのメインは「反物」と「のれん」。

 

中井を流れる妙正寺川にたくさんの反物が架けられています。

そして「のれん」。

地元の商店を中心に、100を超える「のれん」がそれぞれのお店の軒先に飾られています。

 

こちらは、信用金庫ののれん。大振りで、とってもきれいでした。

 

クリーニング店ののれんは、魚で描かれたくじらののれん。

 

昔ながらの八百屋さん。

 

これは西武新宿線・中井駅隣の喫茶店ののれん。ふくろうです^^

 

 

こちらは、「染の小道」の拠点となっている建物ののれんです。

 

駅前の路地では、アートフェスが開かれています。

 

キレイなのれんで彩られた街並みは、普段とは一味も二味も違ってい、染物にあまり関心のない私でも、十分に楽しめました。

新宿区の中井で開催されている「染の小道」は、毎年2月最終の金曜日から3日間開催です。

ご興味にある方は、ぜひ、どうぞ。

 

 

 <ツイッターもやってます>

 

旅行記事はこちらからどうぞ!