ブログ

漫画ブログのアフィリエイトで毎月数万円稼ぐ方法

今回は「漫画ブログのアフィリエイトで毎月数万円稼ぐ方法」を紹介します。

 

アフィリエイトをやっている方で、漫画が好きな方なら「漫画ブログをやってみよう!」と考えたことはあるはず。

でも、いざ始めるにしても

「漫画ブログで本当に稼げるのか?」

気になるところですよね。

 

結論は、「月数万円程度だったら漫画ブログで稼げる」と言えるでしょう。

私自身、今から紹介する方法で毎月数万円の収益を上げていました。

 

ただ、言わずもがなですが、決して楽に稼がせてはもらえません。

稼ぐためには、それなりの労力と時間はかかりますし、情報収集も必要です。

特に、漫画というアフィリエイト素材の性格上、こまめな記事の更新は必須となります。

 

私は、この更新作業がすごく負担に感じていて、途中で辞めてしまったんですが、試行錯誤で得たコツをご紹介しますので、ご興味のある方は、トライしてみてください。

 

f:id:fuku-fukurou:20190615193309j:plain 

漫画ブログで稼ぐ7つのコツ

私が考える漫画ブログで稼ぐためのコツは、

  1. 漫画のジャンルを絞り込む
  2. 稼げる漫画を紹介する
  3. ASPを選ぶ
  4. キーワードを選ぶ
  5. 記事を展開する
  6. 更新を続ける
  7. 抜け道を作る

の7つになります。

 

ジャンルを絞り込む

一言で漫画といっても、実に幅広いジャンルがありますよね。

あなたが漫画ブログを立ち上げるなら、まずはご自身の好みのジャンルの作品を紹介されると思いますが、その際、ジャンルはできるだけ絞り込んでください。

 

稼げる漫画を紹介する

漫画ブログで稼ぐならどんな作品を紹介するかが、一番、大切です。

まず、絶対に避けるべきなのは、すでにポピュラーになっている漫画の紹介。

「ワンピース」「進撃の巨人」「キングダム」・・・。

超有名どころを紹介しても、おそらく検索流入は得られませんし、あなたのブログ経由で購入されることもないでしょう。

個人的な楽しみとして紹介記事を書くのなら良いですけど、稼ぐことが目的だったら、書くだけ時間の無駄になります。

 

では、どんな漫画が稼げるのか?ですよね。

ここが本当に難しいのですが、私の場合、

  • マイナーな漫画
  • ドロドロとした漫画
  • エロ漫画

から選択したら、結果(=収益)が付いてきました。

 

マイナーな漫画

マイナーな漫画とは、ズバリ、「無料で読めない漫画」です。

合法・違法を問わず、かなりの数の漫画は、ネットで無料で読めてしまうという現実があります。

 

あなたのブログ記事を読んで

「この漫画はおもしろそうだから読んでみよう」

と思った人は、かなりの確率で

「どこか無料で読めないかな」

と再度、ネット検索するものと覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

実際、私の漫画ブログでは、たくさんのアクセスがあるのに、全然、購入されない記事がい~っぱいありました。

記事自体で満足できるほどの情報を載せていないにも関わらず、です。

もちろん、記事そのものがつまらないので他のブログなどに流出されたのかもしれませんが、

「もしや?」

と調べてみたところ、それらの漫画は全て、無料で読めるものばかりだったんですね。

 

このように、わざわざ買わなくても無料で読めてしまう漫画は、収益にはつながりません。

なので、記事にするなら必ず「マイナーな漫画」を選んでください。

 

ドロドロとした漫画

私自身がドロドロした漫画が好きなのと、「マイナーな漫画(=ネットで無料で読めない漫画)」から選んでいったところ、ドロドロした漫画に行き着きました。

 

ドロドロと言っても、

  • ゾンビもの、バンパイアもの、スプラッター
  • ホラー、オカルト
  • ミステリー、社会派
  • 復讐、闇社会
  • パニック系、学園サバイバル系

とありますし、主に女性向けでは、

  • 貧困、底辺
  • いじめ、嫉妬
  • ネグレクト、DV
  • 不倫、略奪
  • 整形

など、かなり幅が広いんですよね。

(って、具体的に書いてみたら、かなりの悪趣味ですね・苦笑)

 

おそらくですが、ネットで「おもしろい漫画ってないかな?」と探している人は、ほとんどが漫画フリークで、そんじょそこらの有名漫画は、どんな内容かすでに知っているからだと思います。

だからこそ、マイナーでドロドロした漫画紹介にニーズがあり、アフィリエイト収入につながるのではないかと考えます。

 

エロ漫画

エロ漫画、いわずもがなの高ニーズジャンルです。

エロは永遠ですね。

 

エロ漫画も、大きく分けると「成人男性向け」「成人女性向け」「TL」「BL」となりますし、趣味・趣向・嗜好に応じてさらに細分化できます。

私は「成人男性向け」のサイトを作ったことがあり、ちょこっとだけマネタイズできたんですけど・・・、エロ漫画の記事を書くのって、メッチャ難しいんですよね。

というか、私には書けないです。

 

ということで、早々に挫折したので、よく分からない部分だらけなのですが、調べてみたところ、「BL」系の漫画はコアなファンが多くて、かなりの需要があるんだとか。

なので、BL系が好きな方には、おすすめですかね。

 

ASPを選ぶ

漫画アフィリエイトで一番最初に思い浮かぶのがamazonですよね。

ヨメレバやRinkerを使えば、サクッと広告が貼れますし。

 

でも、amazonって利益額がすごく低いでしょ?

500円のコミックを1冊売って、収益が40~50円。

100冊売っても、4~5000円にしかならないですよね・・・。

 

で、おすすめしたいのが、ASP。

500円の本を売ったら、2000円から最大5000円くらいの収益になるんです。

私自身、月に10冊程度をお買い上げいただいていたので、毎月数万円の収益がありました。

そして、月10冊程度というのは、決してムリな目標ではないんですよね。

 

ASPのからくり

ところで、500円の本を売って2000円以上のお金がもらえるって、とっても不思議ですよね。

 

実はここにはカラクリがあるんです。

それは、会員登録が条件ということなんです。

ASPでの広告主は「まんが王国」や「BookLiveコミック」といったコミックサイトで、ここから購入する際、会員登録をしないといけないシステムになっているんです。

購入者にとってはハードルがあるわけです。

 

コミックサイトの落とし穴

また、このような条件だからこそ、高額の報酬をもらえるわけですが、落とし穴があります。

それは、あなたの漫画ブログで購入してくれた読者は1回限りのお客様であるということ。

 

あなたのブログのファンになってくれて、実際に購入もしてくれた方は、すでにコミックサイトの会員にもなっているので、2回目以降、あなたのブログの広告経由で購入しても、あなたの収益にはならない、という落とし穴があるんです。

 

それともう一つ、コミックサイトの作品に直結した広告(商品広告)は、かなりの頻度で打ち切りが発生します。

せっかく苦労して記事にしても、そこでの広告が無効になってしまうというリスクを抱えているんですね。

 

広告が打ち切られたら、同じ漫画の別のコミックサイトの広告に貼り替えるという手間がありますし、適当な代替広告が無い場合もあります。

これがとっても厄介なんですよね・・・。

 

ということで、あえてASPのネガティブな要素を書きましたが、それでも1冊売れたときのインパクトは、amazonとは比べ物にならないほどデカイのは事実です。

漫画ブログで稼ぐなら、絶対にASP経由で展開されることをおすすめします。

 

おすすめのASP

ちなみに、おすすめのASPは

Mobee

Link-A

DMM

です。

 

こちらで紹介されている漫画広告は、エロ漫画がメインですが、探すとドロドロ系の漫画も見つかりますよ。

あと、どうしても見つからないときは、コミックサイトのTOPページへのリンクが準備されているので、それを広告としてブログに貼り付けてください。

読者には、コミックサイト内で検索してもらわなければなりませんが・・・。

 

漫画ブログのキーワード選定

漫画ブログを展開するとき、基本的には他のアフェリエイトと同じようなキーワードを用いるイメージでOKです。

具体的には

  • 「作品名 + ネタバレorあらすじ」
  • 「作品名 + 見どころor読みどころ」
  • 「作品名 + 感想」
  • 「作品名 + 登場人物紹介」
  • 「作品名 + 口コミ」
  • 「作品名 + 無料」

といったところがベースですね。

 

これに記事に書く内容に応じて、

  • 登場人物の名前など作品の固有名詞
  • グッときたセリフ
  • 見どころとなる場面

などなど、プラスアルファのワードを足していくと良いでしょう。

 

なお、「無料」をキーワードとする場合は、コミックサイトの試し読みを読んでもらうこととなりますので、アフェリエイトリンクには、「無料の試し読みはこちら」と書いて置くといいですよ。

f:id:fuku-fukurou:20190616222012j:plain

記事を展開する

1作品10記事以上

基本的には、上に書いたキーワードに基づき記事を展開していきます。

キーワードの組み合わせによって、1作品あたり数記事は書けますし、あらすじだったら各巻ごとに書けますよね。

1作品あたり10記事くらいは書きたいところですね。

各記事には、ナビゲーションリンクを配置して、読者にある程度巡回してもらえるようにしてください。

あと、思い入れの強い大好きな作品で、20記事以上書けそうだったら、その作品だけに特化した漫画ブログを立ち上げるのもあり、ですね。

 

情報は少なめに

漫画ブログで実際に記事に書くときのポイントは、情報は少なめにして、

  • 必要以上に細かく書かない
  • 1巻まるごと分のあらすじは書かない

ことが大切です。

 

いわずもがなですが、漫画ブログの目的は、記事を見てくれる方に、あなたのブログ経由で漫画を買っていただくことですよね。

なので、「この漫画を読みたい!」「続きを知りたい」と思ってもらえないことには、まったく意味をなさなくなります。

 

なかには、ストーリーどころかセリフまでを完全に再現している漫画ブログもありますが、これらは10巻以上の作品で途中までを端折りたい方用にアップしているか、あるいは、アドセンスを収益の柱にしているかのいずれかでしょう。

もちろん、このアプローチも有りだとは思いますが、読者はかなりの確率で記事だけで満足してしまい、アフィリエイト収入に結びつかなくなるため、効率は良いと思えないのですが、いかがでしょうか?

 

画像は重要

最低でも表紙の画像は貼ってください。

多くのコミックサイトは、表紙絵をアフィリエイトリンクにできるようにしていますので、活用してくださいね。

もし、表紙が使えなければ、この場合はamazonから引っ張ってくると良いでしょう。

 

また、主に成人向けの漫画となりますが、作品のハイライトとなる場面を切り取った広告が用意されていますので、これは絶対に活用しましょう。

この広告があるのとないのとでは、クリック率が全然違ってきますので。

(このところ、この個別作品の広告がめっきり少なくなりましたが・・・)

 

自分で漫画作品のスクショを取って、記事に貼り付けているブログがあります。

これは、著作権違反となりますので、やらないようにご注意ください。

知財関係に詳しい人に聞いたことがあるのですが、例え「出展:○○」とクレジットを付けていても、本の中身を絵で見せるのはダメなんだと言っていました。

 

更新を続ける

漫画ブログで稼ぐために一番重要だけど一番大変なのがこの更新作業です。

漫画ブログで取り上げるべきは「マイナーな漫画」とご紹介しましたが、とはいえある程度読まれている漫画でなければアクセスは取れませんし、当然、売れることはありません。

 

なので、攻めるべきは、

  • コミックサイトでランキングに入っている漫画
  • 連載が開始されてまだ時間が経っていない漫画

といったあたりが条件になります。

 

ランキングに入っていない漫画は人気がないため検索されないので対象外となりますが、連載が開始されて時間が経っている漫画は、すでにメジャーになっているため競争相手が多すぎる(強すぎる)か、「旬」が過ぎ去っていて検索されないんです。

 

漫画ブログを運営していると、ある程度のアクセスが集まってきて、収益化できますが、同じ作品から収益を得続けるのは、まずムリです。

(トレンド系のブログで、放映中のドラマの記事を書くのと似たようなイメージですね)

 

なので、どうしても記事を更新し続けないと、見る間にPVは落ちて行き、収益もガタ落ちになってしまいます。

これが、漫画ブログで収益を上げる上で、一番大変なことなんです。

 

自分で記事を書き続けるか、あるいは、良い外注さんを見つけ出して記事を供給してもらうか、いずれにしても更新を続けていかないと、継続的な収益には結びつきません。

 

抜け道を作る

最後にご紹介するコツは、漫画ブログの収益の「抜け道」を作ることです。

ユーザー(あなたのブログの読み手)にとって価値のある情報を提供するブログ記事を書き続けても、コミックサイトでの売り上げにつながらないケースもあります。

特に、掲載から時間が経って、「旬」が過ぎてしまった記事は、まず読まれません。

 

そんな場合は、割り切ってamazonや楽天、Yahooの広告を貼りましょう。

この3つは、すでに会員登録をしている人にとっては、購入のハードルが低いため、コミックサイトでは購入されなくても、これらから購入してもらえる可能性があります。

 

また、「Hulu」など、漫画が無料で読める動画サイトがありますので、そちらの紹介もしておきましょう。

(ただ、動画サイトで読める無料漫画は、ポイント制だったり、作品が限定されている場合がほとんどですので、ユーザーに誤解を与えないよう「読み放題」と取られる案内は避けるべきです)

 

このように、コミックサイトでの収益が期待できなくなった記事には、抜け道を作ることで少しではあっても、収益化を図ることをおすすめします。

 

おわりに

漫画ブログで稼ぐ方法として、2回に分けてサイトの構成と記事の構成をご紹介しました。

記事でご紹介したように、簡単に稼げるわけではありませんが、漫画という需要の高いジャンルだけに、地道に努力を重ね自分自身でコツをつかんでくると、かなり高い確率で収益化できます。

私自身、毎月数万円の収益を上げていましたし。

特に抵抗がなければ、成人向けの漫画ブログは、おすすめですよ。

 

これまでアフェリエイトにチャレンジしたものの結果が出なかったという方、一度、検討してみてはいかがでしょうか?