グルメ

小田原グルメ・歴史ある「だるま料理店」で昔ながらの天丼をいただく

箱根神社で初詣をすませた後、バスに乗って小田原へ。

「御幸の浜」で下車して、クッソ寒い中、しばし海を眺めた後、遅めの昼食を頂きました。

行ったのは、前々から行きたいと思っていた「だるま料理店」です。

 

<前の記事はこちら>

小田原の「だるま料理店」、明治創業の歴史ある料理店です。

古い建物に大きな「だるま」さんの石像が、そして、右側には「おかめ」さんの石像がありました。

f:id:fuku-fukurou:20190630004832j:plain

店内もレトロ感がただようたたずまい。 お昼の3時近い時間でしたが、客席は8割がた埋まっていました。

箱根旅行の帰り道に立ち寄ったという感じのファミリーが多かったですね。

 

さて、注文したのは、ビールと天丼。

f:id:fuku-fukurou:20190630004835j:plain

 

お味のほどは・・・、う~ん、昔ながらの天丼でしたね。

大きなエビに、キスとイカ、ナスにししとうの天ぷらがのって、それぞれ、美味しかったです.

が、しかし、天丼にかかっているタレがちょっとぼやけた感じがして、あまり印象に残らない味わいでした。

この手のぼやけた味付けって老舗のお店で食するので、おそらく、ずーっと昔からの味わいを守り続けているのでしょう。

 

美味しいのは美味しかったのですが、同じ小田原の天丼だったら「サカナ・キュイジーヌ RYO」のほうが断然、私の口にあいました。

 

*ちなみに、絶対におすすめしない天丼屋は、柴又帝釈天の参道にある店

映画「男はつらいよ」シリーズの撮影の際、出演者やスタッフがこの店で天丼を食べてたそうなんですが・・・。

天ぷらはねちょねちょ、ごはんはベタベタ、タレは「はぁ?」と言いたくなるようなレベル。

そのくせ値段はけっこう高いんですよね。

帝釈天に向かって参道の右側にあって、軒先で天ぷらをあげている店ですので、すぐにわかると思います。

まぁ、とにかく、行ったら後悔します。

 

「だるま料理店」は、なかなか見れない風情がある店舗ですし、天丼も決してダメということではありません。

なので、行って損はないと思いますよ。

 

<小田原グルメ記事>

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 <ツイッターもやってます>