グルメ

超有名店「あつた蓬莱軒」のひつまぶしは行列も納得のうまさでした

【名古屋・伊勢・鳥羽】 お伊勢参りとグルメの旅、最後のレポートとなる第6弾は「あつた蓬莱軒」のひつまぶしです。

名古屋には、たくさんのおいしいものがありますが、「ひつまぶし」はつとに有名ですし、その食べ方はすごく独特で、はじめて食べたときは

「え、ほんとにそんな食べ方をするの?」

と驚いたものです。

ところが、いざ食べたら、これが本当においしくて、さらに驚きました。

さて、今回の旅行の目的のひとつが「ひつまぶし」を食べること。

せっかくなので、一番有名な店「あつた蓬莱軒」でいただきました!

f:id:fuku-fukurou:20200224120920j:plain

ひつまぶしの超有名店「あつた蓬莱軒」

伊勢神宮から東京に帰る際、名古屋で寄り道をして「ひつまぶし」を食べる計画を立てていました。

旅行の荷物もあるし、駅に近いところで食べるという選択肢もあったんですが、旅行にありがちな

「せっかくだから」

という気持ちが働いて、「あつた蓬莱軒」に行くことに。

 

ひつまぶしと言えば「あつた蓬莱軒」、「あつた蓬莱軒」と言えば「ひつまぶし」と言われるくらい超有名な店(ただ単に、私がほかの店を知らないだけなんでしょうけど)。

だけど、名古屋駅近くにはありませんので、地下鉄「矢場町」にある「あつた蓬莱軒松坂屋店」で食べることに。

 

なんだかんだで30分弱の移動時間で、店に到着したのは午後4時過ぎ。

お昼ごはんには遅すぎ、夕ごはんには早すぎの中途半端な時間にも関わらず、20名以上の行列ができていました。

(ちなみに松坂屋の同じフロアには、初日に行った「みそかつ矢場とん」があって、こちらにも行列ができていました)

「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを実食

待つこと20分、店内に案内されます。

当然ながら満席ではありましたが、店内はキレイですごく広々としていました。

「うまき」と「鰻肝焼き」

まずは、ビール。

そして、「うまき」と「鰻肝焼き」を注文します。

f:id:fuku-fukurou:20200224120926j:plain

「うまき」は、たまご焼きの中にうなぎがはいっているもの。

少し薄味、フワフワっと柔らかくて、おいしかったです。

「鰻肝焼き」は、そのまんま、うなぎの肝を焼いたもので、見るからに精がつきそうです。

「ひつまぶし」の食べ方

いよいよ、メインディッシュの「ひつまぶし」。

ですが、その前に「あつた蓬莱軒」でおすすめされている「ひつまぶし」の食べ方をご紹介します。

  1.  ひつまぶしは「おひつ」に入ってサーブされるので、最初にしゃもじで十文字に四等分します
  2.  4分の1を茶碗によそって、うなぎの味をそのまま楽しみます
  3.  2杯目はねぎ・わさび・のりをかけていただきます
  4.  3杯目はおだしをかけて、お茶漬けとして食べます
  5.  4杯目は3種類の中で一番気に入った食べ方でいただきます
f:id:fuku-fukurou:20200224120923j:plain

「ひつまぶし」、ほかの料理には見られない独特の食べ方ですよね。

「鯛茶漬け」といういただき方はありますけど、「ひつまぶし」は言ってみれば「うな丼」じゃないですか?

これをお茶漬けでいただくって、ホント、不思議な感じです。

でも、とってもおいしいんですよねぇ~。

「ひつまぶし」うまし!

「うまき」と「鰻肝焼き」を食べ終わったちょうど良いタイミングで、「ひつまぶし」の到着です!

f:id:fuku-fukurou:20200224120929j:plain

見るからにおいしそう!

とってもとっても良い香りが、食欲をそそります。

今すぐ「おひつ」ごと、がっつきたい気持ちを抑えて、まずは十文字に四等分し、お茶碗によそいます。

そして、パクリと一口。

うん!うまい!

 

一緒に来ている嫁さんも、「おいしい!」「おいしい!」を連発していました。

2杯目は薬味をかけ、そして、3杯目は「お茶漬け」です。

f:id:fuku-fukurou:20200224120915j:plain

うなぎのたれと和風の出汁が、ベストマッチ!

サラサラサラっと、口から喉へと流れていきます。

「うん!うまし!」

これぞ、「ひつまぶし」の醍醐味ですね。

 

お好みでいただく4杯目は、お茶漬けに決定!

さらに薬味もトッピングしていただきました。

 

嫁さんの4杯目は、なんにもなしの「ひつまぶし」。

うなぎの味わいが一番感じられて好き、とのことでした。

(数年前まで、「うなぎ?ヤダ」って言ってたくせに・・・)

おわりに

以上、超有名店「あつた蓬莱軒」のひつまぶしの食レポをお届けしました。

うなぎ料理なので、値段はお高いけれど、行列ができるのも納得のおいしさで、大満足できました。

6回に分けて書き続けた【名古屋・伊勢・鳥羽】 お伊勢参りとグルメの旅もこれでおしまい。

1泊2日とあわただしく、また宿の料理が期待ハズレだったのは残念でしたが、楽しい旅行となりました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 <ツイッターもやってます>

 

こちらもどうぞ!






 

旅行・グルメ記事はこちらからどうぞ!

旅行記事グルメ記事

HOME

<ツイッターもやってます> 

 おすすめの旅行・グルメサイト「一休」 

ホテルレストラン