グルメ

【高田馬場・うに小屋】痛風持ちに魔力ありすぎ!新鮮な4種のうにとあん肝・白子・牡蠣の「痛風鍋」

 

嫁さんの誕生日祝いに「うに小屋」なる店で食事をしてきました。

メインは「うに4種の盛り合わせ」に、あん肝、白子、牡蠣などがはいった「痛風鍋」。

 

実は私、20年来の痛風持ち。

最近は持ちこたえていますが、これまで年に2~3回は必ず痛風の発作が起きて、その痛みにのたうち回ることしばし、です。

そんな「痛風持ち」の私が、「うにの盛り合わせ」に「痛風鍋」を食すなどもってのほか!なんですが、この誘惑、いや、この魔力にあらがうことなどできるわけがありません。

発作覚悟で、ガッツリといただいてまいりました。

 

ということで、今回は東京は高田馬場にある「うに小屋」の食レポです。

 

高田馬場のうに専門店「うに小屋」

うにを食べに訪れたのは、東京は高田馬場にあるうに専門店「うに小屋」。

「カキ小屋」って店のジャンルはよく聞きますが、「うに小屋」は初めて。

しかも、売りは

北海道から毎日空輸

完全無添加

極上うに

といったもの。否が応でも期待は高まります。

(それにしても、店名が「うに小屋」って、ずいぶんとストレートなネーミングですね)

 

うにと痛風鍋のコース

「うに小屋」では、「うにと痛風鍋のコース」をいただきました。

メニューはこちらです。

 

まずはビールで乾杯したあと、前菜2点をいただきます。

 

 

うにアソート

そして、メインディッシュのひとつめ、「うにアソート」!

厚岸、根室、函館、浜中の4つの産地で取れたうにを食べ比べます。

ちなみにこれは2人前の量です。

 

そのまま食べても良し。

肉刺しやバケットに載せて食べるも良し。

 

寿司飯でいただくの良しです。

 

写真が暗くて申し訳ありません。左側がアソートです。

 

食事をしているときに「うに」が出てきたら、

「おぉ!うにだ!」

と喜び勇んでいるものの、産地がどこかなんて全然気にせず、ただただ、おいしくいただくのみです。

 

でも、こうやって産地別に食べ比べたら、粒の大きさや塩っけ、舌ざわりが微妙に違っているのがわかり、それぞれの個性が楽しめますし、何よりすごく贅沢な気分になれましたね

 

あと、写真のうには水気が出ていますが、これは身崩れを防ぐミョウバンを使用していないため。これこそが「うに小屋」の売りである無添加の証なんだとか。

 

こちらもどうぞ!

簡単・お手軽!おいしく食べられるマグロ・アボガド丼を作ってみよう肉も大好きだけど、魚も好き。 そして、魚だったらマグロの刺し身!と言う方に、おすすめしたいのが、 マグロ・アボガド丼! ...

 

痛風鍋

続いて、人気の揚げ物に

尾崎牛の角切りステーキをいただいたあと

 

2番目のメインディッシュ「痛風鍋」の登場です!

 

白子、あん肝、牡蠣、下の方にはイカの肝。

茶色くて、ヌタヌタしていて、見ようによってはグロいですよね?

だけど、これが良いんです!

 

火を点けると、あっと言う間にアクだらけ。

いかにも痛風に悪そうです・笑。

 

下のツイートの動画でグツグツと煮立つ音を聞いていただきたいのですが・・・、BGMがガッツリと入り込んでおります・苦笑

 

小鉢によそって、トッピング用のいくらをかけて、いただきます。

うん、ウマい!

みそ味ベースで、しょっぱさが効いている「痛風誘発効果バツグン」のお鍋。

白子やあん肝のフニュフニュした食感に、いくらのプチプチ感が絶妙にマッチしています。

そして、日本酒にとっても良く合うお味です。

 

ほとんどお酒が飲めない私も、この日ばかりは日本酒の冷酒をグイグイといってしまいました。

 

お鍋を完食したところで、締めは雑炊。

少し残しておいたいくらをトッピングして、これまたおいしくいただきました。

 

痛風の発作は?

痛風持ちに魔力たっぷりの「うに」に「痛風鍋」、とってもおいしくいただきました。

問題はこの後。痛風の発作がいつ来るのか?です。

 

痛風歴20年の過去の経験から

「来るなら当日の夜か、翌日の朝だろうな」

と予測しておりました。

が、幸いなことにセーフ!でした。

 

ということで、東京は高田馬場にある「うに小屋」の「うにと痛風鍋コース」の食レポでした。

 

築地のおいしいお寿司屋さんの食レポはこちら!

安くてうまい!とおすすめされて行ったお寿司屋「築地 すし大」が本当においしかったお寿司、好きですか? 私は大好き。なんですが・・・、お値段が高くて、もっぱら「回るお寿司屋さん」のお世話になることが多いのです。...