お出かけ

【初心者OK!】瀬良垣シーカヤックとシュノーケリングツアーの内容と注意点

 

沖縄・瀬良垣旅行でシーカヤックとシュノーケリングを楽しみました。

今回はホテルでのんびり&沖縄グルメ堪能が目的の旅行ではありましたが、

「さすがに、それだけじゃあ、ね」

ということで、マリン・アクティビティも楽しむことに。

宿泊したホテル「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」に一番近いマリンショップが開催するツアーに参加しました。

 

ツアー参加者は私たち夫婦だけ、天気もとっても良くて、カヤックもシュノーケリングも初めての嫁さんも大満足となったツアーでした。

 

こちらでは、シーカヤックとシュノーケリングのツアーの内容と流れ、それと少し注意していただきたい点をお届けします。

 

シーカヤックとシュノーケリングツアーの内容

私たちが参加したのは、「カヤッククラブ グッドライフ」というマリンショップの「シーカヤックとシュノーケリングツアー」です。

内容は、

  1. 船底が透明のクリア・シーカヤックで「やどかり島」に上陸
  2. 洞窟探検
  3. シュノーケリング

というもの。

 

カヤックに関する道具はもちろん、ウェットスーツ、ライフジャケット、マリンブーツなどシュノーケリングに必要な道具に保険付きで、スタッフが写真を撮影してくれてデータをメールかCDでもらえます。

ツアーは08:50集合でトータルで3時間、料金は一人5,500円でした。

(12:50集合の部もあります)

 

シーカヤックとシュノーケリングツアーの流れ

イントロ

08:50にマリンショップに集合です。

まず最初に「申込書」の記入と署名(=安全なツアーのためガイドの指示に従う等の同意)を行います。

次にウェットスーツに着替えて、店の前で記念撮影をしたあと、車ですぐ近くの海岸に移動。

ここでガイドからカヤックの乗り方(前進、右回り・左回り、ストップの仕方)のレクチャーがあり、いよいよ出発です。

 

ツアーのコースと位置関係は下の写真のとおりです。

 

シーカヤックでやどかり島上陸

ガイドさんから、サクッとカヤックの乗り方を教えてもらい、さっそく漕ぎ出します。

目指すは右前の小島「やどかり島」。コースは上の写真の①です。

 

出発地点となる砂浜。

 

ガイドさんの先導で、ゆっくりとカヤックを漕いでいきます。

 

カヤック初体験の嫁さん、かなりの「ぎこちなさ」はありますが、とりあえず前に進んでおります。

 

 

このツアーの売りの一つは、カヤックの船底が透明になっていて、海の中が見えるというもの。

海水の透明度が高いこともあって、泳いでいる魚やサンゴがキレイに見えましたよ。

 

 

ゆっくりとしたペースでカヤックを漕ぎ進め、やどかり島に上陸。

沖縄本島側からは、やどかり島は木々が生い茂った小島にしかみえませんでしたが、反対側は自然の砂浜になっています。

 

やどかり島にいるのは私たちだけ。独占状態でとても気分がよかったです。

 

 

やどかり島の名前の由来は、やどかりがたくさんいるからだそうです。

ガイドさんが、やどかりが貝の中にはいっていく様子を見せてくれました。

 

歳を忘れてはしゃぐ嫁さん。

 

岸壁クルーズから神秘の洞窟へ

やどかり島で遊んだ後、次は神秘の洞窟へ。

コースは下の写真の②で、岸壁近くまでカヤックで近づきます。

 

カヤックからでないと見えない洞窟がいくつかありました。

 

しばらくカヤックを漕ぎ進め、ホテル「ANAインターコンチ万座」が建っている岬に到着。

いよいよ神秘の洞窟探検です。

 

波に侵食されたトンネルの下をくぐり、

 

岩の裂け目に入っていきます。

 

洞窟内は真っ暗。水面は腰のあたりでしたが、波がけっこうあったので、ほんの数十秒だったけど怖かったです。

 

少し明かりが見えてきて、洞窟の中の広い場所に到着。

海側はぽっかりと大きな穴が開いています。

 

洞窟内は足がつかない深さ。

ウェットスーツにライフジャケットを着用してるので、プカプカと優雅に浮かんでいるように見えますが・・・。

 

実際は波がきつくて、いいように弄ばられている状態でした。

 

 

シュノーケリングで魚群にビックリ!

洞窟から来た道を戻って少し休憩したあと、最後のプログラムであるシュノーケリングです。

カヤックは洞窟上陸した場所に泊めたまま、水中メガにフィンを装着して、浜から泳いでいきます。

シュノーケリングポイントは、下の写真の黄色く囲ったあたりです。

 

ガイドさんの先導で少し泳ぐと、すぐに青い熱帯魚の群れに遭遇。

 

イソギンチャクと青い魚。

 

さらに進むと、突然の魚群が!

 

まるで水族館の水槽のように、たくさんの魚が泳いでいて、あまりの多さにビックリしました。

 

ガイドさんからもらったエサの「麩」を差し出すと、魚が一斉に寄ってきて、バクバクと喰らいついてきます。

 

小さな魚でも体当たり攻撃を受けると、けっこう、痛かったです・笑。

 

シュノーケリングで沖縄の海と魚の群れを十分堪能した後、泳いでカヤックを泊めている場所まで戻ります。

しばし休憩をして、カヤックでスタート地点に戻りました。

カヤックのコースは写真の③、宿泊しているホテル・瀬良垣ハイアットをバックに写真を撮ってもらいながら、やどかり島をグルっと回っての帰還です。

 

ショップに戻ってからは、着替えをして、写真データの送付先(CDかグーグルフォトが選べます)を伝えて解散。

(ホテルが近いのでシャワーは戻って浴びることに)

とっても満足のアクティビティでした。

 

注意点

以上、「シーカヤックとシュノーケリングツアー」の内容と流れをご紹介しました。

ここからは、私が感じたツアー参加の注意点を記します。

ツアー参加の際のご参考にしていただければ幸いです。

 

ショップ選びと予約

瀬良垣エリアにも、いくつもマリンスポーツを扱うショップがあります。

私が選んだのは「カヤッククラブ グッドライフ」ですが、その理由は

  • ホテルから近いため集合が楽
  • クリアカヤックなので海の中が見える
  • 料金がリーゾナブル
  • ネットの口コミが良かった

といったものです。

 

ホテルが提供しているプログラムを見たところ、ほぼ同じような内容でも料金が倍近く高かったんですよね。なので、マリンショップに直接申し込みました。

ただ、後でわかったのですが、「じゃらん」とか「Veltra」などのトラベルサイト経由だと500円ほど値引きしてもらえるケースもあるので、事前チェックされることをおすすめします。

 

「カヤッククラブ グッドライフ」は強くおすすめできない

「カヤッククラブ グッドライフ」は、立地もツアーの内容も料金も良かったし、特にガイドさんはすごく楽しい人で、とても良くしてくれました。

なので「おすすめ!」と行きたいところですが・・・、唯一、大きな問題がありました。

それは、最初に対応してきた店員は接客スキルに乏しく、気分を害したという点です。

(今回の3泊4日の旅行でイヤな気分になったのは、このときだけでした)

ただこの1点のみで私としては強くはおすすめできませんし、ここを利用される方はそんな対応をされるかもしれないことを事前に承知しておいた方が良いと思います。

 

おわりに

終わりのほうで、あえて良くない情報も書きましたが、今回の「シーカヤックとシュノーケリングツアー」は天気とガイドさんに恵まれて、初心者でもすごく楽しめました。

めったにできない経験ができて、本当に良かったです。

 

慶良間諸島でのシュノーケリングの記事

ケラマ諸島の無人島ガヒ島のシュノーケリングで最高の時間を過ごす

ケラマ諸島の無人島ガヒ島のシュノーケリングで最高の時間を過ごすケラマ諸島ツアーのハイライト、無人島・ガヒ島とそちらで楽しんできたシュノーケリングの様子をご紹介します! 慶良間の透明感が...

 

こちらの記事もどうぞ!

 「BigBlue Cafe Dining」はランチもディナーもおすすめのオシャレなカフェ【沖縄県恩納村瀬良垣】

「BigBlue Cafe Dining」はランチもディナーもおすすめのオシャレなカフェ【沖縄県恩納村瀬良垣】 沖縄は恩納村の瀬良垣に3連泊して、リゾート気分を満喫した旅。 今回、恩納村の瀬良垣エリアを選んだのは、ホテル「ハイアットリ...

 瀬良垣・田中果実店の「贅沢マンゴーパフェ」デカさとうまさと価格に三度感動!

瀬良垣・田中果実店の「贅沢マンゴーパフェ」デカさとうまさと価格に三度感動! 沖縄県・恩納村瀬良垣のおいしいものを検索したら、必ずヒットするのがハワイアンパンケーキのパニラニと田中果実店のマンゴーパフェ。...

 

沖縄関連の旅行記事はこちら!

福ふくろう
福ふくろう
石垣島、宮古島、久米島、慶良間諸島、那覇国際通りの旅行記を掲載しています!

 

旅行記事はこちらから!

 

<ツイッターもやってます>
よかったらフォローをお願いします!